バストアップの秘訣!

実年齢より若々しいバストの作り方の方法は??努力すれば必ず実を結ぶテク9選!

バストアップの方法

出産を経て、年齢を重ねてしまうと胸が垂れ下がってしまうのでは??…という不安はありませんか??

「胸の老朽化問題」・・・全女性にとって、これは毅然と立ち向かっていかないといけない問題です。
何たって、胸は女性のシンボルですからね。

ところで、10代、20代前半の女性でも何故胸が下がってしまうのでしょうか?
十分ありえる問題ですが、その原因は何でしょうか??

そもそも胸が下がってしまう原因としまして

・年齢によるもの
・不規則な生活や偏った食生活によるもの
・クーパー靭帯の損傷によるもの

と大きく3つの原因があるといわれています。

それぞれ項目ごとに解説していきますね。

年齢による胸の垂れ下がり

年齢が原因で胸が下がってしまう原因としまして筋力の衰え新陳代謝の悪化女性ホルモンの減少などがあげられます。

出産を期に胸が垂れる原因としまして、ホルモンバランスが崩れ、胸の靭帯が伸びてしまうことです。

筋力の衰えは、胸の位置を下げ、代謝の悪化は肌のハリと艶を失います。
放置したままですと、見る見るうちに胸は垂れ下がってしまいますので、あなた自身で気になるようでしたら即時、対策が必須です。

なお年齢的に下がってしまった場合は、筋力をつけることで昔のようなハリのある綺麗な胸へ戻すことが出来ます。

正常なホルモンホルモンの分泌を促せ、筋力をつけることによって胸の下がりを防止していきましょう。

不規則な生活や偏った食生活による胸の垂れ下がり

若年層の女性でも胸が下がってきた、形が変わってきたという場合は、不規則な生活運動不足偏り過ぎた食生活が原因であることが多いです。

特に路上に長時間座りこんでおかしな姿勢をしたり、スナック菓子の常食や甘いもの、辛すぎる食べ物の過度な摂取をし続けていたら、どこかカラダに異変があってしかるべきでしょう。

また歩く機会が少ない場合や、入浴はシャワーのみなどといった乱れた生活をしていますと10代でも胸の位置は下がってきます。

不規則な生活や偏った食生活は、今すぐに改善できるので、美しい胸を保つため肉類などのたんぱく質の多い食事を摂取して、体を動かすように心がけてください。

クーパー靭帯の損傷によるもの

クーパー靭帯とは、胸と体をつなぐものです。

この靭帯が伸びてしまったり、切れたりした場合は、胸と体をつなぐ靭帯は他にありません。

ゆえに、このクーバー靭帯が損傷すると胸が垂れ下がってしまい、それ以後は元に戻ることはありません。

出産を機に、胸が下がるのはクーパー靭帯が伸びきってしまうことが原因です。

また、激しい運動、過剰なバストマッサージなどでも靭帯は破損してしまいますから、バストアップ対策する際には注意が必要です。

バストの老朽化を防ぐために必要なこと

これまで説明してきたとおり、バストが衰えていくには様々な原因があります。
妊娠や出産を機に、年齢的に垂れ下がってしまった胸…

恥ずかしから、誰にも見られたくない!!と思ってみたものの、まだまだ男性からの視線を集めてみたいものですよね。

「引力だから仕方がない!」なんて、諦めるのはナンセンス。
今回は、あなたの垂れた胸をツンと上向きの胸にする方法を解説します。

1. 規則正しい生活と食生活

まずは、ご自身の生活習慣を正しく改善していきましょう。
以下で紹介しているバストアップケアをしてみても、健康な体でありませんとケアする意味はありません。
ですから、日頃より食生活や適度な運動を行い、しっかりと健康維持を心がけてください。

バランスの悪い食生活は、内臓に負担をかけ、姿勢が悪くなる原因となります。
スナック菓子、偏った食生活も見直してください。

2. サイズの合ったブラ選び

体に合っていないブラを常用していると、胸の位置も下がってきます。
(特に胸とブラの間に隙間ができているような場合)

ブラジャーが大きすぎる場合は、常にブラの中で胸が下がっている状態ですからバストアップには効果がありません。

あなたの胸のサイズに合ったブラかを今一度見直してください。
サイズがあっているようでしたら、トイレに行くようなときは胸の形をマメに整えるようにしてください。

重力の影響を軽減するためや、胸を少しでも上向きにするために、サイズの合ったブラ選びは必須条件です。

3. 胸の位置のズレをマメにチェック

日常生活をしていると、胸とブラの位置がずれてしまうことがあります。
常にチェックすることはありませんが、トイレに行くときは、お昼休みなど毎日数回はブラと胸の位置がずれていないかどうかを確認していきましょう。

そして、もしずれていることに気付いたら、こまめにズレを直してあげてください。

4. 運動する際はスポーツブラを着用すること

運動する際は、スポーツ専用のブラを着用してクーパー靭帯の負担をなくしてください。

5. 毎日のケア

日々美しいバストを保てるように、自分でバストアップ体操をしてください

6. バストマッサージをする時には専用クリームを使うこと

専用のクリームは、クーパー靭帯を補強する成分を含んでいます。
下記のクリームは、私が実際に使っているおススメの商品です。



余計な力を入れなくとも専用クリームを塗りこむことで、未使用時の数倍は効果的なケアができるはずです。

7. 保湿クリームを使うこと

フェイシャルだけではなく、バスト用の保湿クリームも当たり前のお手入れです。
下記のようなクリームが私のおススメです。


胸のハリと艶を保つために、保湿することも忘れずに!

8.エクササイズ

背筋をピンと伸ばした状態で、肘を真横に伸ばした状態で体の正面で手を合わせます。

1回10秒程度を1日10セット行ってください。連続でなくとも結構です。
例えば朝3回、昼3回、寝る前4回などでOKです。

慣れない時は少しきついと思いますが毎日の日課にしてください。

9.背筋を伸ばし胸を張って生活する

毎日の生活で歩く際、食事をする際などは常に背筋を伸ばし、胸を張って生活する習慣をつけてください。

日々姿勢に気を付けることは大事です。間違えても猫背になるようなことはしないでくださいね。

以上、美しい胸を保つためは、毎日のケアが何よりも大切です。
まだ若いからといった油断は禁物。
一度下がった胸の改善方法について、【万全に効果のある対象法】などはありません。

今回説明させていただいたことを日々欠かさずケアして、いつまでもハリ艶のある美乳をキープしてください。

それでも、バストがキレイにUPしないとお悩みの方には・・・

100人いましたら100パターンのバストアップ方法があります。

もし、ここまで説明してきたバストアップ方法を試してみて効果がない場合、私の母親も実践している、1日3分程度、晩御飯を作っているときでもできる下記のバストアップ方法を試してみてください。

即効性がありますよ。

『ファイブタッチ バストアップ』

ちなみに私の母親は、上記の方法を毎日実践して、なんと驚くことに1か月で乳首の位置が2センチ上向きになりました。

どれくらいで効果があらわれるの?

私の母親は、『ファイブタッチ バストアップ』を使ってから2週間程度で「胸にはりができてきた」と実感したようです。

その後、1か月経過したときには乳首の位置が2センチ上向きになりました。

人によって効果が出るのが早い人、遅い人といると思いますが、ほぼ1か月、毎日実践していけば効果ありと実感できるのではないかなと思います。

もし、効果がない!!!という時には、商品代金を全額返金してくれるので、こちらも安心ですよね。

以上、いくつになっても男性は女性の胸が大好きな動物ですから、自信を持って彼とのデートに挑めるよう、しっかり胸のケアをしてくださいね。

※手術という方法で、憧れの巨乳化!下記の記事を参照してください。

池田ゆう子クリニック 評判
池田ゆう子クリニックの豊胸手術が支持されている理由が判明!池田ゆう子クリニックが手掛ける豊胸手術、評判、口コミなどを一気に公開しています。バストアップで悩み、豊胸手術を検討されている方は一読しておかないと損してしまう内容です。...