美容と健康のイロハ

内蔵脂肪を落とせなかった人が、25日でダイエット成功できた、たった1つの方法とは?

シボヘールで内臓脂肪激減

あなたは、久しぶりの同窓会に集まった面々を見て、彼らを一目見て誰だかわかった人は何人いるでしょうか?

卒業から数年、数十年経過するほど、髪の毛、肌艶、そして体型にも変化が生じ、若い頃の面影が微塵も感じられないという情けない現象が起こります。
特に男女とも悩みの種となっているのが、お腹周りについた脂肪の量ではないでしょうか。

 

はた目にもわかるほどメタボな体型の方、また、一見痩せているのに内臓脂肪が多い隠れ肥満の方もいます。
健康診断で、食事や日常生活の改善、運動不足を指摘され、既にダイエットに取り組んでいる方も多いことでしょう。
お腹周りにつく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、なかでも内臓脂肪は曲者であり、退治するのはやっかいな相手です。

朝のウォーキングやジョッギングなどの有酸素運動で効果がなかったり、ヘルシーな食材に変えたりしても、一向に変化がない場合は、ちょっと視点を変えてみてはいかがでしょうか。

内臓脂肪はただただダイエットして、単に体重を落としても意味がありません。
運動や食事制限をしているのに、脂肪が減らない原因は、脂肪を分解する力や燃焼させる力が、年齢と共に衰えていることにあるのです。

もしかしたら、内臓脂肪に効果がないダイエット、痩せ方をしている可能性があります。

最近は、飲むだけで内臓脂肪に効果的な機能性表示食品のサプリメントも発売されていますので、その紹介も兼ねて内臓脂肪の減少方法を検討してみます。

内臓脂肪を病院で治療するということもできるが・・・

シボヘールの効果

【内臓脂肪】と聞くと、肥満や高血圧などの負のイメージを持つ方がいますが、実は内臓や腸などの大切な臓器を外部からの衝撃から守り、かつ正しい位置に保つという大切な役目を担っています。

ただ、その脂肪量が問題となります。
あまりにも過剰な数値となると、動脈硬化や心臓病、糖尿病、脂質異常症などのリスクが高まり、時には命の危険まで伴うことがあるからです。

健康診断などで精密検査が必要となり、病院での診断や治療を勧められるのはその為です。

病院での診断は、CTスキャンを使用した画像診断や血液検査が一般的です。
その結果、内臓肥満と診断された場合には、特別な薬が処方されるわけではなく、医師の指導下での食事や運動療法が中心となります。

肥満の原因となる喫煙や暴飲暴食は避けて、摂取カロリーを抑え、栄養バランスのとれた食事の指導が行われます。
加えて、適度な運動を継続的に行うことで、消費カロリーを高めて脂肪を燃焼し、筋肉をつけ基礎代謝のアップを図ります。

病院での治療は内臓脂肪に的を絞った治療法ではなく、皮下脂肪も含めた治療指導となりますが、開始から2週間から4週間の初期段階には、内臓脂肪の量は皮下脂肪より著しく減少します。
内臓脂肪は皮下脂肪より燃焼しやすい性質があるからです。

そこで数値が下がったからと安心することなく、何事も継続することが重要となります。

内臓脂肪がつきやすくなるシニア世代は、男女とも働き盛りであり多忙な毎日を送っています。
もっと簡単にできる治療法がないものかとの声が、あちこちから聞こえてきそうです。

『シボヘール』というサプリメントが何故、お腹の脂肪を落とせるのか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. @shiboheru.n_official お腹の脂肪を減らしてくれるの サポートしてくれるんだって😍 . ジム行きながら、これ飲んで お腹の脂肪減らしてこっ🐷💕💕 . #シボヘール #サプリメント #お腹の脂肪 #葛の花由来イソフラボンサプリ #売上No.1 #1日4粒 #PR

さーぽん(@rk_27829)がシェアした投稿 –


ダイエットや脂肪燃焼効果を謳うサプリメントが、ドラッグストアやネット通販から様々な商品名で発売されています。

ダイエットにおいて大切なことは、健康的に体重と脂肪を落とすことであり、食事制限によって必要な栄養成分が摂取できなかったり、骨量や筋肉を落としてしまっては何もなりません。

また、ダイエットでは、皮下脂肪と共に内臓脂肪を減らすことが鍵となりますが、栄養バランスのとれた食事や、適度な運動による新陳代謝のアップ、サラサラな血液の維持が必要不可欠となります。

しかし、このような理想的な生活習慣を毎日続け、健康を維持していくことは、口で言うほど簡単ではありません。

そこで、登場するのが、内臓脂肪にアプローチするサプリメントです。

口コミサイトなどで紹介され高い評価を得ているサプリにハーブ健康本舗が製造販売している【シボヘール】があります。

どうしたらお腹の脂肪を落とせるのかを研究した結果、脂肪蓄積の原因である脂肪の合成を抑える成分、脂肪の分解と燃焼を促進する成分に辿り着いたのです。

それが、シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンです。
日本や中国、アジア地域に生育するマメ科の植物葛の花には、前述した脂肪と戦う3つのパワーが秘められています。

この3つの力で、内臓脂肪や皮下脂肪、ウエスト、体重の減少に働きかけ、お腹まわりの脂肪を落とす効果が、臨床試験の結果、実証されています。

『シボヘール』を服用することで、脂肪が減るメカニズム

シボヘールの効果と口コミ

赤紫色の花をつける葛は、日本人には秋の七草として古くから馴染まれ、その根から感冒薬の葛根湯や良質のくず粉が作られています。

実は、この葛の花の部分にも効能があり、ダイエットやお腹周りの脂肪にも効果的であることが、長年の研究の結果判明しています。

1998年創業の福岡市のハーブ本舗が販売している葛の花イソフラボン配合の『シボヘール』は、科学的根拠に基づいた機能性表示食品です。

 

シボヘールを服用することで脂肪が減るメカニズムを紹介する前に、なぜ脂肪がつきやすいのかを考えてみましょう。

食物から取った栄養分は、エネルギーに分解されますが、燃焼されずに残った栄養分は肝臓で再び中性脂肪へと合成されます。
血液によって各部に送られた栄養分は脂肪として蓄積されることになり、蓄積された脂肪はいったん脂肪酸に分解されてエネルギーとして再利用されます。

ところが、年齢と共にこの蓄積された脂肪の分解が進まないことに加え、分解された脂肪酸を燃焼させる褐色脂肪細胞も加齢によって減少し、燃焼できずに余った脂肪酸は再び肝臓で中性脂肪として蓄積され、悪循環が繰り返されます。

つまり、この脂肪の合成を抑え、分解と燃焼を促進させることができれば、脂肪を減らせると言えます。

そこで、シボヘールの主成分である葛の花イソフラボンが、脂肪合成阻害作用脂肪分解促進作用褐色細胞の働きをサポートし脂肪燃焼を促進させる3つの働きが力を発揮することになるのです。

『シボヘール』の主要成分である「葛の花由来イソフラボン」の安全性について

葛の花から抽出するイソフラボンには、脂肪にアプローチする秘められた力があることがわかり、サプリメントなどに製品化され、福岡のハーブ本舗が販売しているシボヘールにも主成分として配合されています。

摂取前と摂取後12週間を比較した同社の臨床試験の結果、平均して20㎠ものお腹の脂肪が減ったと報告されています。
そのうち内臓脂肪の量は、実にピンポン玉7個分、8㎠を占めています。
さらに、ウエストが0.9㎠、体重が1キロ以上減少した結果となっています。

シボヘール効果

葛の花イソフラボンの脂肪減少効果が実証され、それを根拠に消費者庁の機能性表示食品に認定されています。

 

そこで、問題となるのが、シボヘールの主要成分である葛の花イソフラボンの安全性や如何にということになります。

この機能性表示食品には、様々な研究や論文によって安全性が確保され、機能性表示できる科学的な根拠、消費者への適切な情報提供の3つのルールに沿った届出が必要となります。
そして、届出を消費者庁が受理した食品にのみ表示が許されることを意味します。

従って、シボヘールの安全性については、十分確認済みと言えるでしょう。
自然の植物である葛は昔から和漢薬として親しまれていた食物であり、有効成分をしっかりと抽出できるように葛花熱水抽出法と呼ぶお茶の抽出に近い製法で作られています。

その他の原材料は、甘味料の還元パラチノース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素となっています。ガムやキャンディなどに使用されたり、パンや乳製品の乳化剤、吸湿剤として使われている添加物であり、人体への影響はほとんどないと考えられます。

お腹の脂肪を放置しておくと・・・こんな最悪な事態を招いてしまう!!

肥満の傾向は年齢を重ねるほどに高くなり、厚労省では2008年よりメタボ対策への取り組みを開始し、全国の市町村において特定健康診断が行われています。
いわゆるメタボ検診ですが、内臓肥満型肥満高血圧高血糖脂質異常の早期発見を目指し導入されています。

実は、これらがあらゆる生活習慣病を引き起こす原因と考えられているからです。
たかが「太っているくらいじゃん」と放置しておくと、生活習慣病リスクを高め、最悪の場合動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞など死亡に至る場合があります。

特にお腹周りに脂肪がつき始めたら、内臓脂肪の可能性が高く、これら生活習慣病リスクと共に脂肪肝を引き起こすことも考えられます。

 

肉好きな方や炭水化物を好む方、アルコールを大量に飲酒する機会の多い方、あるいは肥満解消に取り組んでいるものの思うような効果が得られないと悩んでいる方は、葛の花イソフラボンを主成分とする機能性表示食品のシボヘールの力を借りて、体重やお腹の脂肪解消、ウエストの減少を目指してはいかがでしょうか。

機能性表示食品とは、食品の安全性はもとより、その食品が何をターゲットにして効力を発揮するかが明確に表示されています。

従って、数多く出回っている健康食品の中からどれを選べばいいかわからないと感じている方にも利用しやすくなっています。

しかも、シボヘールは、一日4粒わずか93円、初回は1袋に120粒入りで980円の限定価格となっています。
定期購入の場合は10%OFFの定期価格で、買い忘れの心配もなくお安く継続できることから、家族や知人に紹介しても喜ばれるでしょう。

※シボヘールの詳しい情報は ⇒ コチラからCHECK!